社会福祉法人「地の塩会」ひかりこども園は、
子供が自己を発揮し心身ともに健やかに
成長できるよう、主体的に関わることが出来る
環境をつくってゆきます
保護者の子育ての不安や負担を和らげられるよう
家庭との連携にも重きを置きます



■基本理念
「愛情・責任・明朗」

社会福祉法人「地の塩会」に携わる職員は、

愛情・責任・明朗をもって職務に励み、

尊く責任あるこの仕事に誇りと使命を持ち、

「地の塩、世の光」となれる子どもを育てていきます



■保育目標

素直な心をもち 

たくましく心豊かに 

自立した子どもに育つ






■保育方針



 

◯大切な命を授かり生まれてきた
一人ひとりの子どもを心から受け入れ、
認め、愛する保育を家庭との協力の中で
行っていきます。
◯大人のあたたかい愛情を受けることで
子どもは欲求が十分に満たされ、
3歳までに自己肯定感が形成されます。
◯このような、乳幼児期の特性および保護者の
地域の実態を踏まえ、環境を通して教育及び保育が
行われることを基本とし、家庭や地域での生活を含め
生活全体が豊かになるように努めなければなりません。
また、園児が自ら安心して環境にかかわり
その活動が豊かに展開されるよう環境を整え、
園児と共によりよい教育及び保育の環境を
創造するように努めるものとします。
これがため以下の事項を遵守致します。

(1)園児一人一人が安心感と信頼感を持って
   色々な活動に取り組む体験を進めます。

(2)乳幼児期においては、発達に必要な
   体験を通して、園児の主体的な活動を促し、
   乳幼児期にふさわしい生活が展開されるように
   致します。

(3)遊びを通して心身の調和のとれた発達の
   基礎を培う学習であると考え
   教育及び保育致します。

(4)乳幼児期における発達は、多様な経過を
   たどって成し遂げられる事を考慮し、
   各園児の特性や発達の過程に応じ教育
   及び保育致します。